2011年04月12日

震災一ヶ月

 東日本大震災発生から一ヶ月が経ちました。被災された方にはお見舞い申し上げます。

 思えば、震災翌日の3月12日は九州新幹線の開業日でした。私も本来ならば開業直後に駆けつける予定でしたが、結局それどころではありませんでした。
 未曾有の地震・津波と、一連の原発事故・計画停電・部品不足によって日本の鉄道は随分痛めつけられました。首都圏でも震災直後は鉄道が麻痺状態で、私も帰宅難民となり、辛うじて日付が変わる前に帰宅できたという状況でした。その後の計画停電にも振り回され、鉄道が平常通り走っていることの有難さを痛感させられました。
 震災から一ヶ月経ち、東北新幹線の再開の目処が立つなど、鉄道網も少しずつ回復の兆しを見せていますが、頻発する余震により一進一退を強いられています。また、三陸沿岸や福島第一原発周辺の路線は、未だに復旧の見込みすら立たない状況です。
 被災地の復興には、ライフラインである鉄道の復旧が欠かせないと思います。早期の復旧が実現することを祈ります。
posted by rail20000 at 01:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道全般