2012年05月20日

大阪ステーションシティ開業1周年

 2012年5月、大阪ステーションシティ開業から1周年を迎えた。梅田の客の流れを変えたといわれる大阪ステーションシティだが、その中でも施設によって勝ち負けが鮮明に分かれているらしい。若者向けのショップが集まる「ルクア」は予想を大幅に上回る大盛況で、大丸も増床でそこそこ客が増えた一方で、京都駅での実績を引っさげて乗り込んできた伊勢丹は非常に苦戦しているらしい。
 私も開業後何度か訪れる機会があったが、見たところルクアは若者中心に上層階までまんべんなく人で賑わっていた一方、伊勢丹の上層階は休日でも閑散としていた。ちなみに、大丸は上層階のポケモンセンターやユニクロ、東急ハンズが大盛況で、人を百貨店に呼び込む効果を果たしているように見受けられた。
 伊勢丹の不調の理由については、東京流のディスプレイの仕方が大阪で受け入れられなかった、有力ブランドを阪急阪神に押さえられていた、などという記事を見た。しかし私は小売業の専門家ではなく、そもそも百貨店に行く機会などほとんどないので、本当の理由は分からない。
 しかし、かつて阪急沿線に住んでいた人間から言わせてもらうと、伊勢丹はJR以外の鉄道利用者から見ると場所が悪いと思う。阪急梅田駅からだと大阪駅の御堂筋口に行くまでが一苦労で、そこからルクアを突っ切ってようやく伊勢丹にたどり着く。阪神から行く場合でも、地下道を延々と歩き、大丸を突っ切ってJRの中央口の通路を横断してようやくたどり着く。そこまでするぐらいなら、使い慣れた阪急百貨店や大丸を使おう、という人が多いのではなかろうか。
 この仮説を検証するため、梅田周辺の各駅から各百貨店までの距離をGoogleマップで測ってみた。下の表の◎が50m以内、○が50〜100m、△が100〜200m、×が200m以上を示す。表の右側の点数は、◎を3点、○を2点、△を1点、×を0点として、各社の乗降客数比を掛け合わせたスコアの合計である。なお、御堂筋線以外の地下鉄と北新地駅は割愛した(これらの路線を加味すると阪神百貨店の点数が相対的に上がると思う)。また、阪急百貨店については全面オープン後の店の位置を元に調べた。
    阪阪J御
    急神R堂 計
阪急百 ○○△◎ 18点
阪神百 ×◎△◎ 13点
ルクア △△◎◎ 22点
伊勢丹 ×△◎△ 15点
大丸  ×○◎△ 16点
乗客数比3142

 こうやってみると、ルクアは非常に場所に恵まれていることが分かる。また、長らく勝ち組として君臨してきた阪急百貨店もそこそこよい。一方、伊勢丹は他と比べて大きく劣っているというわけではないが、新参者のハンデで苦戦しているのだろう。今後の巻き返しに期待したい。
posted by rail20000 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道全般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/55977145

この記事へのトラックバック